トップページ 鉄道写真七人会の紹介 ギャラリー 写真集の紹介 想い出のアルバム ときど記

鉄道写真七人会 会員紹介



会員紹介
'15年6月現在で14名の会員がいます。50音順に紹介します。


石田 政夫

東京生まれ 八王子市在住 自営業
愛用カメラ: Canon Eos50D
撮影対象: 鉄道一般

八高線のさよならSL運転でとりこになりました。D51498のイベント列車を中心に撮影をしていましたが、秩父鉄道にSLが走るようになってからは秩父にも通うようになりました。SL以外のイベントがあると顔を出すようにしています。


伊藤 岳志

神奈川生まれ 相模原市在住 フリーカメラマン
愛用カメラ:CANON EOSデジタル
撮影対象: 鉄道全般

「撮るものが無くなった」という言葉をよく耳にします。しかしこれはSL終焉の時代から繰り返されてきた鉄道ファンの輪廻の言葉といえるでしょう。 今という時代、風景、そして車両たちを思う存分切り取ることのできる喜びと大切さ…。写真展でぜひ感じ取って欲しいと思います!

小野木 陽一

東京生まれ 相模原市在住 地方公務員
愛用カメラ: Canon Eos5DmarkU Eos7D
撮影対象: 鉄道写真全般

おじさんにありがちな戻り鉄です。旅に出てみたい、この車両カッコいいなと思わせる写真を目標にぼちぼち撮っています。


金子 昭<当会代表>

神奈川(茅ヶ崎)生まれ 相模原市在住
愛用カメラ: オリンパスOMシリーズ
撮影対象: 蒸気機関車

参宮線宮川鉄橋で、C57110号機との出会いから始まった、蒸気との出会いの旅は、私の人生そのものである。 時代は流れ、復活蒸気が走り出し旅を続けている。蒸気機関車が走る限り、私の旅は終わらない。


白鳥 洋一

八王子市在住 会社員
愛用カメラ: Eos-630、RT
撮影対象: JR線 第三セクタ−鉄道等

子供の頃から鉄道好きで、八王子駅の駅越しに見えたSLの煙をみてワクワクしたり、八高線の淺川の鉄橋を渡るSLの姿を見て喜んでいた。 また、鉄道関係の本を擦り切れるまで読んだりした。秩父鉄道では初めて、SLの写真を撮影して、色々な鉄道写真を撮影し現在に至っている。


田村 和之

東京生まれ、横浜育ち 小平市在住 会社員
愛用カメラ: Nikon D7000
撮影対象: 近所・旅行先の鉄道

鉄道写真を撮り出したのは、中学の頃からだったろうか。鉄道模型の資料用でした。 大学時代、先輩に連れられて、撮影地に行くようになりました。 家庭を持ってからは、家の近所や旅行先での撮影が主となり、大好きな伊豆急ですら、行くこともまれです。 転勤が多く、東京に落ち着いて数年。まだ近所の撮影地を探しているところです。


津田 光康

東京生まれ 八王子市在住 会社員
愛用カメラ: Nikon D600/D300 など
撮影対象: 横浜線、中央本線を中心に鉄道写真全般

減少しつつある国鉄型を中心に、四季を走る鉄道を撮影しております。 デジタルカメラを使いはじめてからは撮影頻度も増し、鉄道写真が楽しくなりました。


林 俊介

神奈川県生まれ 相模原市在住 会社員
愛用カメラ: Canon EOS1D MK3 、G1X
撮影対象: 中央本線を中心に鉄道全般

初めてカメラを持って出掛けたのは小学校4年生の秋、上越新幹線開業前日で人で溢れかえっている上野駅でした。それから約30年、鉄道も自分の環境も大きく変わりましたが鉄道を愛する気持ちだけは変わらずにおります。 子供がまだ小さいので終日の撮影がなかなか出来ないでおりますが暇を見付けては出掛けております。


三宅 諒

神奈川県生まれ 相模原市在住 会社員
愛用カメラ: Nikon D7000
撮影対象: 地方私鉄、「懐かしさを感じる」物

鉄道から足を洗ったはずなのに、小学校5年生の時 出会った親友のせいで逆戻り。以来どっぷり鉄粉まみれ。
古き良き鉄道風景を好み、各地でノスタルジーを追い求めています。
ちなみに伊豆箱根鉄道が主食です。コデ165大好き。


森 耕太郎

神奈川生まれ 横浜市在住 会社員
愛用カメラ: Nikon Df , D700
撮影対象: 関東の鉄道と地方鉄道の風景

中学の頃から鉄道写真を撮り始め、大学時代は、北海道・東北・関西・四国・九州と回り、鉄道のある風景を撮りに行ってました。 現在は仕事に忙しい毎日ですが、余暇を見つけて地方へ遠征するのが楽しみです。


山内 真弓

福島県いわき市生まれ  相模原市在住
愛用カメラ: CANON EOS 7D MarkU,CANON70D
撮影対象: 主に国鉄型車両と花火

平機関区の近くで育ち、遠出は全て平駅(現いわき)からだったので 485系が白馬の王子様でした。
数年前に息子から使わなくなった一眼レフを渡されて、そこが私の撮り鉄のスタートです。 夜に走る列車の姿に、一人暗闇でテンションを上げています。

山田 昌太郎

東京都生まれ さいたま市在住 会社員
愛用カメラ: Nikon D3S, D7000
撮影対象: 四季折々の鉄道情景

高校生から本格的に撮影を開始し、現在に至るまで、全国の四季折々の風景の中を 行く列車を撮影しています。2002年にデジタルカメラを使い始めてからは、昼夜問わ ずの撮影が多くなり、最近は寝る時間を削ってまで撮影することも多くなりました。
デジタル化による新しい写真表現も常に考えながら、撮影に取り組んでいます。


吉原 勇樹

神奈川(横浜)生まれ 相模原市在住 学校職員
愛用カメラ: Canon Eos1D X、RICOH CX3
撮影対象: 四季折々の鉄道情景

線路際の実家で生まれ育った環境により、小さな頃から鉄道が大好き。いまも鉄道は 私にとって“心の子守唄”です。 関東甲信越の風光明媚な山岳路線で列車の姿を追いかけ、合間に旨いものや温泉巡り をするのが私の「鉄スタイル」。最近は通勤時の「朝練」活動も楽しんでおります。
吉原勇樹facebook


米山 真司

神奈川(横浜)生まれ  相模原市在住 会社員
愛用カメラ: Nikon D300、F100、F4S、FA
撮影対象: EF64、EF65、DD51、113・115系

小さい頃から鉄道が好きで、4歳頃の愛読書が時刻表。中学から高校にかけては乗り鉄がメインで旧客に乗るのが好きでした。大学時代は休鉄。その後社会人になり、車に乗るようになってから写真がメインとなりました。
今では中央東線でEF64を撮るのがライフワークになっています。







目次 次ページ トップページへ